株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2021年05月07日

昭和電工はパワー半導体でドイツ半導体大手と提携と伝えられ続伸

■高容量ワイヤレス給電の実用化などに不可欠とされる

 昭和電工<4004>(東1)は5月7日、続伸基調で始まり、取引開始後は3430円(55円高)まで上げ、4月につけた昨年来の高値3510円に向けて出直っている。

 ロイターニュースが、「ドイツの半導体大手インフィニオンは6日、半導体需要の拡大に対応するため、昭和電工と契約を締結したことを明らかにした」(ベルリン6日ロイター)と伝えており、材料視されている。

 「昭和電工が、パワー半導体の材料である炭化ケイ素(SiC)エピタキシャルウエハーなどを供給する。パワー半導体は産業用電力の供給や電気自動車の充電施設に利用される」などと伝えられた。

 パワー半導体は、高容量ワイヤレス給電の実用化などに不可欠なデバイスとされる。半導体の国産化政策を進める中国でも、最近、日系企業のパワー半導体研究組織に優遇措置を付与して合弁会社方式への変更を促した事例があった。(HC)


◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:20 | 材料でみる株価