株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2021年06月10日

10日上場のワンダープラネットは買い気配のまま公開価格の51%高(午前10時40分現在)

■フリーミアムモデルのアプリ・ゲーム開発などを行う

 6月10日新規上場となったワンダープラネット<4199>(東マ)は、買い気配を上げて始まり、午前10時40現在は3855円の買い気配(公開価格2560円の51%高)

 スマートフォンを中心としたスマートデバイス向けアプリ・ゲームの企画、開発、運営、販売を主事業とし、ユーザーが無料でダウンロードして楽しむことができ、一部アイテムの獲得や機能拡張を行う際や月額での課金が必要となるフリーミアムモデルのアプリ・ゲームを提供する。設立は2012年9月。資本金11億729万円(資本準備金含む)、従業員198名(2021年2月末時点)。

 2021年8月期の業績予想(個別、会社発表)は、売上高が38.42億円(前期比11.9%増)、営業利益が4.92億円(同47.8%増)、経常利益は4.84億円(同45.8%増)、当期純利益は10.03億円(同約4.5倍)の見込みとする。(HC)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:43 | 新規上場(IPO)銘柄