株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2021年07月01日

ソレイジア・ファーマは同社3品目の新薬候補の申請など注目され再び出直る

■日本で最初に承認申請、2022年中の承認と販売開始を見込む

 ソレイジア・ファーマ<4597>(東マ)は7月1日、6%高の163円(10円高)まで上げて売買され、再び出直る相場になっている。

 6月30日、新規抗がん剤ダリナパルシン(一般名、開発コード:SP−02)につき、再発または難治性の末梢性T細胞リンパ腫(Peripheral T−Cell Lymphoma:PTCL)治療薬として厚生労働省に同日、製造販売承認申請を行ったと発表。注目再燃となった。

 発表によると、SP−02は、これまで承認された治療薬とは異なる新規作用機序を有し、世界に先駆けて日本で製造販売承認申請を行った。2022年中の承認と販売開始を見通している。同社創業以来3品目の開発薬になる。(HC)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:30 | 材料でみる株価