株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2021年07月01日

【株式市場】NY株高に反応鈍く日経平均は朝方の42円高を上値に次第安

◆日経平均は2万8640円22銭(151円31銭安)、TOPIXは1935.42ポイント(8.15ポイント安)、出来高概算(東証1部)は少な目で4億915万株

 7月1日(木)前場の東京株式市場は、米S&P500種の5日連続最高値に反応薄となり、鉄鋼株や造船株が重く、半導体関連株も信越化学<4063>(東1)は高いが高安混在となった。新型コロナワクチンの接種ピッチ鈍化懸念などがあるようで、日経平均は取引開始直後の41円64銭高(2万8833円17銭)を上値に軟化し、前引けにかけて下げ幅150円台となった。

 中で、MS&ADインシュアランスG・HD<8725>(東1)などの損保株が出直りを強め、自動車事故率の低下など材料視。パイプドHD<3919>(東1)は四半期決算と業績予想の増額修正などが好感され急伸。ジーネクスト<4179>(東マ)は米ジェネシスグループへの製品採用などが材料視され一時ストップ高。INEST<3390>(JQS)は光通信を引受先とする増資などが材料視され急伸。

 東証1部の出来高概算は少な目で4億915万株、売買代金は9966億円。1部上場2192銘柄のうち、値上がり銘柄数は867銘柄、値下がり銘柄数は1163銘柄。

 また、東証33業種別指数は6業種が値上がりし、空運、鉱業、保険、パルプ紙、機械、水産農林、が高い。(HC)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:00 | 今日のマーケット