株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2021年07月14日

【株式市場】建設株など高いが日経平均は後場も軟調なまま一進一退を続け反落

◆日経平均は2万8608円49銭(109円75銭安)、TOPIXは1963.16ポイント(4.48ポイント安)、出来高概算(東証1部)は9億8118万株

 7月14日(水)後場の東京株式市場は、大成建設<1801>(東1)などの建設株が一段と強含み、マンションの建て替えに関する緩和の観測報道などが材料視され、ソニーG<6758>(東1)も証券会社による投資判断などを材料に一段強含んだ。ただ、日経平均は前引け値を下回って始まり、以後70円安前後(2万8650円前後)で一進一退のまま大引けはやや下げ幅を広げて終わった。TOPIXも大引けは軟調で反落した。

 後場は、ダイヤモンドエレクトリックHD<6699>(東1)が一段高となり、事業再生中の子会社が債務返済を6月末までに完了とされて2日連続大幅高。ERIホールディングス<6083>(東1)は今期の大幅増益予想などが好感され朝の取引開始から大引けまで買い気配のままストップ高に貼りついた。パシフィックネット<3021>(東2)は「ウインドウズ11」の登場が材料視され一段高となり連日出直った。6月18日上場のEnjin<7370>(東マ)は5月決算と今期予想が材料視され一気に上場来の高値。プリントネット<7805>(JQS)は業績予想の増額修正が好感されて一時急伸。

 東証1部の出来高概算は9億8118万株(前引けは4億7833万株)、売買代金は2兆2429億円(同1兆857億円)。1部上場2192銘柄のうち、値上がり銘柄数は910(前引けは1043)銘柄、値下がり銘柄数は1177(同1004)銘柄。

 また、東証33業種別指数は14業種(前引けは18業種)が上げ、値上がり率上位の業種は、建設、電力ガス、その他金融、医薬品、情報通信、水産農林、石油石炭、その他製品、保険、食料品、などが高い。(HC)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:32 | 今日のマーケット