株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2021年07月20日

【株式市場】NY大幅安など影響するが日経平均は322円安から前引けにかけ200円以上持ち直す

◆日経平均は2万7564円52銭(88円22銭安)、TOPIXは1899.00ポイント(8.13ポイント安)、出来高概算(東証1部)は5億4100万株

 7月20日(火)前場の東京株式市場は、NYダウが今年最大の下げ幅となる726ドル安となったことなどを受け、自動車株や機械株、ソニー<6758>(東1)などが続落模様。一方、JR東日本<9020>(東1)などは次第に持ち直した。日経平均は300円安で始まり、10時過ぎに322円59銭安(2万7330.15銭)まで下げたが、その後は回復傾向となり下げ幅を縮めた。

 キヤノン<7751>(東1)が業績予想の大幅増額な好感され活況高。中外製薬<4519>(東1)は新型コロナ「抗体カクテル療法」が材料視され活況高。レーザーテック<6920>(東1)は台湾の半導体大手の好決算が言われて急反発。TBグループ<6775>(東2)は引き続き「タッチレジ」の採用拡大が材料視され大幅続伸。プレイド<4165>(東マ)は9月決算への期待などが言われて次第高の反発。テーオーHD<9812>(JQS)は引き続きホームセンター大手との提携が好感され連日大幅高。

 7月20日新規上場となったアシロ<7378>(東マ)は9時49分に1480円(公開価格1160円の27.6%高)で初値をつけ、高値は1515円、前引けは1478円。

 東証1部の出来高概算は5億4100万株、売買代金は1兆1941億円。1部上場2192銘柄のうち、値上がり銘柄数は713銘柄、値下がり銘柄数は1354銘柄。

 また、東証33業種別指数は2業種が上げ、精密機器、医薬品、が高い。(HC)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:05 | 今日のマーケット