株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2021年07月26日

【特集】「プライム市場」不適合で売られ過ぎ銘柄と適合でもなお割安水準銘柄に注目

 今週の当特集では、株価材料として一部未消化の東証の市場再編銘柄を取り上げることにした。「プライム市場」不適合が嫌気された東証1部銘柄でも、売られ過ぎ銘柄がある一方で、適合の東証1部銘柄で好感して年初来高値を取った銘柄でも、なお株価が割安水準にある銘柄もある。こうした銘柄に注目し、「プライム市場」の外れ銘柄は逆張り、当たり銘柄は順張りで活路を拓きたい。

■不適合の売られ過ぎ7銘柄は適合計画書提出で逆襲余地

 「プライム市場」不適合となった東証1部銘柄は、手集計で恐縮だが、11社を数えた。いずれも株価は、需給悪化懸念で下ぶれベステラ、レアジョブのように年初来安値まで売られる銘柄もあったものの、悲観するのはまだ早い。市場再編の手続きとして今年9月から12月の間に上場維持基準適合計画書を提出して市場選択を申請し、移行後に計画の進捗状況を開示すれば、経過措置として「プライム市場」残留が認められるからだ。ということは、経過措置期間に不適合となった上場基準の流通株式時価総額や流通株式比率を向上させる資本政策や株高対策など手当てが加速することになり、晴れて「プライム市場」となれば、出遅れた分だけ株価の逆襲余地があることにもなるわけだ。

 とすれば「たられば」要素は否定できないものの、不適合会社でも投資採算的に割安な銘柄は、こうした資本政策、株高対策がより有効に働きやすく逆張り余地があることになる。該当銘柄をコード番号順に列挙すると、E・Jホールディングス<2153>(東1)、モバイルファクトリー<3912>(東1)、ニーズウェル<3992>(東1)、パラカ<4809>(東1)、フコク<5185>(東1)、極東貿易<8093>(東1)、ケーユーホールディングス<9856>(東1)となり、要注目となる。

■年初来高値更新銘柄でもなお割安な6銘柄は上値拡大展開

 一方、「プライム市場」適合を歓迎して年初来高値を更新し、なお株価が割安水準にある順張り候補6銘柄は、コード番号順に次の通りである。GCA<2174>(東1)、新日本科学<2395>(東1)、日本管理センター<3276>(東1)、IDホールディングス<4709>(東1)、テスホールディングス<5074>(東1)、メイコー<6787>(東1)、サンワテクノス<8137>(東1)となる。

 また投資採算的には市場予想を上回るが、適合発表が年初来高値更新を後押しした銘柄では、ジャパンベストレスキューシステム<2453>(東1)、神戸物産<3038>(東1)、マネーフォワード<3994>(東1)、ラクスル<4384>(東1)、KeePer技研<6036>(東1)と続き、なお上値トライをサポートしよう。さらに連休前21日大引け後に「プライム市場」適合を発表し、連休明けのきょう26日に初反応となる恵和<4251>(東1)、東京製鉄<5423>(東1)も要注目となる。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:11 | 特集