株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2007年07月18日

ホンダは続落。海外新工場報道よりも、国内の地震で部品調達不安に反応

 本田技研工業<7267>(東1)は続落。70円安の4450円まで売られている。
 今朝の日経新聞で「アルゼンチンに新工場」「ジェット機用エンジン、米に工場」と報道されたが、市場は反応薄だ。それより、「新潟県中越沖地震で部品調達網に痛手」との報道に反応している。
 報道によると、被災した部品メーカーの操業停止などで、精密機器、自動車部品、電機などの完成品メーカーに影響が出る可能性があるとされている。
 今朝は日経平均が下落しており、地合いが悪い。そのなかで、同社をはじめとして、日産自動車<7201>(東1)いすゞ自動車<7202>(東1)トヨタ自動車<7203>(東1)など、自動車メーカー各社は軒並み、値を下げている。
 ホンダのチャートを見ると、短期日足・中期週足とも続伸してきた。ちょうど調整のタイミングではあったようだ。信用残は買い長でもあり、しばらくは調整局面が続くかもしれない。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:10 | 株式投資ニュース