株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2021年09月16日

ビーイングHDが急伸、今12月期の業績予想を増額修正し配当は3円増配

■自社開発のPMS(生産管理)、TMS(輸配送管理)システムが奏功

 ビーイングホールディングス(ビーイングHD)<9145>(東2)は9月16日、飛び出すように急伸して始まり、取引開始後は12%高の1770円(195円高)まで上げて今年1月以来の1700円台に復帰した。15日の夕方、今12月期の連結業績予想、配当予想の増額修正を発表し、好感買い殺到した。

 今12月期の予想連結営業利益は従来予想を18.8%上回る9.5億円の見込みに見直し、親会社株主に帰属する当期純利益は同じく30.0%上回る6.5億円の見込みに見直した。既存業務が順調に拡大していること、前期稼働の4センターの通年計上などに加え、自社開発のPMS(生産性管理システム)、TMS(輸配送管理システム)により生産性向上が進んでいる。また、12月期末配当予想は従来予想の1株20円を同23円の見込み(前期実績比3円増)とした。(HC)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:05 | 業績でみる株価