株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2021年10月01日

クリーク・アンド・リバー社は22年2月期2Q累計・通期予想を上方修正

(業績予想修正速報)
 クリーク・アンド・リバー社<4763>(東1)は9月30日の取引時間終了後に、22年2月期第2四半期累計および通期の連結業績予想の上方修正を発表した。通期予想は再上振れの可能性がありそうだ。また新市場区分への移行についてプライム市場選択申請も発表した。株価は上場来高値圏だ。好業績を評価して上値を試す展開を期待したい。

■22年2月期2Q累計・通期予想を上方修正、通期は再上振れの可能性

 22年2月期第2四半期累計の連結業績予想について、売上高を13億円、営業利益を5億円、経常利益を5億円、親会社株主帰属四半期純利益を3億円、それぞれ上方修正して、売上高が前年同期比13.8%増の210億円、営業利益が44.3%増の21億円、経常利益が42.3%増の21億円、親会社株主帰属四半期純利益が39.8%増の13億50百万円とした。売上面では日本クリエイティブ分野の好調が牽引し、利益面ではDX化による生産性向上なども寄与した。

 通期の連結業績予想については、売上高を13億円、営業利益を3億50百万円、経常利益を3億50百万円、親会社株主帰属当期純利益を2億円、それぞれ上方修正して、売上高が21年2月期比10.7%増の413億円、営業利益が30.8%増の32億円、経常利益が28.8%増の32億円、そして親会社株主帰属当期純利益が18.4%増の19億50百万円とした。

 下期の利益予想を下方修正した形だが、第2四半期累計の超過分の一部を主に既存事業の伸長を目的とする広告宣伝費等の事業投資として実行する見込みとしている。ただし通期予想は再上振れの可能性がありそうだ。積極的な事業展開で収益拡大基調を期待したい。

■株価は上値試す

 株価は上場来高値圏だ。好業績を評価して上値を試す展開を期待したい。9月30日の終値は1841円、今期予想連結PER(会社予想の連結EPS87円48銭で算出)は約21倍、時価総額は約424億円である。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:29 | 決算発表記事情報