株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2021年10月01日

パピレスが逆行高、タテ読みフルカラーコミック「タテコミ」の拡充を進め、自社株買いを実施中

■第1四半期決算は減収減益だったがタテ型アニ動画「アニコミ」にも注目集まる

 パピレス<3641>(JQS)は10月1日、2日続伸基調となり、後場寄り後は1490円(40円高)前後で推移し、日経JASDAQ平均の下げに逆行高となっている。9月16日から2022年2月10日までの日程で自社株買い(自己株式の取得)を実施中で、買い安心感があるとの見方が出ている。

 9月15日の取引終了後、自己株式の取得を発表し、普通株式25万株(自己株式を除く発行済株式総数の2.53%)、取得総額5.0億円を上限に、2021年9月16日から22年2月10日まで実施するとした。

 第1四半期決算は減収減益だったが、電子コミックでは、タテ読みフルカラーコミック「タテコミ」の拡充や、マンガにモーションと音声を付加し、スマートフォンでの視聴に最適のタテ型アニメーション形式の動画コンテンツ「アニコミ」について、声優事務所とのコラボレーションによる新シリーズの配信を開始するなどの取組を展開している。(HC)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:12 | 材料でみる株価