株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2021年10月08日

ピックルスコーポが後場一段高、決算説明資料を開示し新製品への取組など改めて注目される

■独自乳酸菌『Pne−12(ピーネ12)』関連商品など積極展開

 ピックルスコーポレーション<2925>(東1)は10月8日、後場一段と堅調になり、14時30分にかけては7%高の1870円(119円高)まで上げて回復基調を強めている。7日に第2四半期決算の説明会資料を同社ホームページにアップし、新製品への取組などが改めて注目されている。

 第2四半期決算(2021年3〜8月・累計、連結)は、巣ごもり需要による漬物総菜の増加などにより、営業利益が前年同期比24.8%増加するなど、3〜8月としては過去最高の売上高、営業利益、経常利益、純利益を達成した。2月通期も新規事業への取組などにより過去最高を計画する。

■惣菜市場への取組も一段と積極展開

 既存分野以外の売場への商品展開を進めるほか、ECサイトは独自の乳酸菌『Pne−12(ピーネ12)』関連商品のサイト「Piene」とグループ企業「八幡屋」などを積極展開。『Pne−12』乳酸菌とフラクトオリゴ糖には、BMIが高めの方の体脂肪を減らす機能が報告されており、これらを配合した「Pne−12+キムチ」を21年5月に発売した。

 惣菜市場は、単身世帯増加、高齢化、女性の社会進出などにより今後も市場は成長する見通しのため、定番の「ぬか漬盛合せ」「スパイシー胡瓜」などに加え、「オクラのおひたし」「棒棒鶏サラダ」「おつまみチャーシューメンマ」などを取りそろえて取組を強める。(HC)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:46 | 業績でみる株価