株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2021年10月14日

科研製薬の原発性腋窩多汗症治療剤「BBI−4000」が米国第3相試験で主要評価項目を達成

■導入元の米ブリッケル社が2つの第3相臨床試験の結果速報を発表

 科研製薬<4521>(東1)は10月14日の17時、原発性腋窩(えきか)多汗症治療剤「BBI−4000」が米国第3相試験で主要評価項目を達成と発表した。導入元である米Brickell Biotech,Inc.(コロラド州、ブリッケル社)が原発性腋窩多汗症を対象とした2つの米国第3相臨床試験の結果速報を10月7日(米国時間)に発表した。

 本試験では、「ベースラインから治療終了時のHDSM−Axが2ポイント以上改善した被験者の割合」及び「ベースラインから治療終了時の発汗重量の変化量」の2つの主要評価項目(コプライマリ・エンドポイント)において、治験薬(ソフピロニウム臭化物15%含有製剤)投与群にプラセボ投与群に対する統計学的な有意差が認められた。また、忍容性も良好だった。

 日本では科研製薬がBBI−4000の開発を行い、原発性腋窩多汗症治療剤「エクロック・ゲル5%」として2020年11月より販売している。(HC)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:55 | 新製品&新技術NOW