株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2021年10月15日

ソニーGが高値に迫る、TSMCとの国内半導体工場など買い材料視

■直近の下げは大きかったが移動平均に支えられ健全な調整の見方

 ソニーグループ(ソニーG)<6758>(東1)は10月15日、1万2850円(295円高)で始まり、9月につけた2000年以来の高値1万3200円に向けて大きく出直っている。「台湾積体電路製造(TSMC)は14日、日本で初となる工場を2022年から建設し、24年末に量産を始めると発表した」(日本経済新聞10月15日付朝刊)と伝えられ、改めて買い材料視されている。

 株価は9月下旬に全体相場の下げとともに大きく調整したが、ちょうど75日移動平均に支えられるようにこの水準で反発に転じた。このため、直近の下げは大きかったが健全な調整になり長期上昇基調に崩れはないとの見方が出ている。(HC)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:13 | 材料でみる株価