株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2021年10月15日

科研製薬は3日続伸、多汗症治療剤の米国臨床試験など好感され下値圏から出直る

■米国第3相試験で主要評価項目を達成と発表し注目再燃

 科研製薬<4521>(東1)は10月15日の後場一段と強含んで始まり、13時にかけて4540円(85円高)まで上げ、3日続けて下値圏から出直っている。14日の17時、原発性腋窩(えきか)多汗症治療剤「BBI−4000」が米国第3相試験で主要評価項目を達成と発表し、注目再燃となった。

 株価は2020年12月から回復傾向を続け、今年・21年8月に5330円まで上げて年初来の高値に進んだ。その後は、上げ一服となっていたところに「岸田ショック」による全体相場の下げが重なり、10月初旬に4380円まで調整となった。しかし、ちょうど52週移動平均の水準で下げ止まり反騰に転換。テクニカル的な判断では、移動平均が下支えになって下げ止まるのは健全な調整とされ、回復傾向の相場に変化はないと見られている。(HC)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:44 | 材料でみる株価