株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2021年10月27日

【株式市場】日経平均は後場回復基調に転じ小幅安で軟調程度、材料株など活況高

◆日経平均は2万9098円24銭(7円77銭安)、TOPIXは2013.81ポイント(4.59ポイント安)、出来高概算(東証1部)は11億4411万株

 10月27日(水)後場の東京株式市場は、前引けにかけて下げた東京エレク<8035>(東1)が回復基調に転じ、ソニーG<6758>(東1)も持ち直し傾向に転換など、半導体、電気精密株の回復が見られた。味の素<2802>(東1)は業務用の回復期待などでジリ高傾向。日経平均も徐々に回復し、13時半頃から回復ピッチを強めた。大引けは前日比反落だが軟調程度にまで回復した。

 後場は、イマジカG<6879>(東1)が一段高となり、仮想空間を活用する「メタバース」関連株として注目され活況高。MARUWA<5344>(東1)は13時の業績・配当予想の増額発表が好感されて直後から急伸。伊勢化学<4107>(東2)は市況高騰が伝えられる天然ガスの国産企業の面が注目され一段高。INCLUSIVE<7078>(東マ)は宇宙ロケットベンチャーへの出資が材料視され2日連続ストップ高。日本エマージェンシーAS<6063>(JQS)は眞子さまの米国生活から連想が波及したとされて次第高の出直り拡大。

 東証1部の出来高概算は11億4411万株(前引けは5億7649万株)、売買代金は2兆6241億円(同1兆3487億円)。1部上場2184銘柄のうち、値上がり銘柄数は698(前引けは609)銘柄、値下がり銘柄数は1391(同1471)銘柄。

 また、東証33業種別指数は9業種(前引けは7業種)が値上がりし、値上がり率上位の業種は、輸送用機器、食料品、化学、サービス、医薬品、小売り、などとなった。(HC)
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:45 | 今日のマーケット