株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2021年10月29日

【株式市場】日経平均は後場180円高まで上げ3日ぶりに高い、中国・恒大への懸念後退

◆日経平均は2万8892円69銭(27円56銭高)、TOPIXは2001.18ポイント(1.52ポイント高)、出来高概算(東証1部)は増加し15億6498万株

 10月29日(金)後場の東京株式市場は、商船三井<9104>(東1)川崎近海汽船<9179>(東1)が昼に大幅増益の四半期決算と業績予想の増額修正を発表し、一段高で始まり、海運株が一段高。また、信用不安が伝えられる中国の不動産大手・恒大が利払いを実施したと伝えられ、中国景気への期待からトヨタ自<7203>(東1)などが水準を一段上げて推移。日経平均も取引開始直後に一段高となり180円56銭高(2万9000円65銭)まで上げ、その後は一進一退となったが、大引けも値を保ち3日ぶりの反発となった。

 後場は、昼過ぎに四半期決算と自社株買いを発表したカルビー<2229>(東1)が一段高で始まり、13時に四半期決算を発表した第一三共<4568>(東1)、13時半に業績予想の増額も発表したカンロ<2216>(東2)は急動意。14時に業績予想の増額を発表した日本触媒<4114>(東1)は一段高。INCLUSIVE<7078>(東マ)は民間ロケット開発企業との提携などが連日好感されて4日連続ストップ高。京写<6837>(JQS)は業績上振れ期待などで出直り拡大。

 東証1部の出来高概算は増加し15億6498万株(前引けは7億5404万株)、売買代金は3兆5318億円(同1兆5710億円)。1部上場2184銘柄のうち、値上がり銘柄数は1026(前引けは824)銘柄、値下がり銘柄数は1052(同1242)銘柄。

 また、東証33業種別指数は16業種(前引けは9業種)が値上がりし、値上がり率上位の業種は、海運、パルプ紙、鉄鋼、食料品、繊維製品、その他製品、電気機器、鉱業、卸売り、その他金融、などとなった。(HC)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:42 | 今日のマーケット