株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2021年11月08日

【特集】業績上方修正と増配株から「分配と株高の好循環」進行を想定して銘柄をセレクト

 今週の当特集は、主要3株価指標が最高値を更新している前週末5日の米国市場で、景気敏感株優位の展開が続いていることも勘案し、業績上方修正と増配を発表した銘柄から「分配と株高の好循環」が進行することを想定して関連銘柄をセレクトをしてみた。海運大手3社ほどではないが、PER評価が1ケタ台、配当利回りが4%〜5%となる銘柄が中心で、なかにはPBRが1倍を割るバリュー株のクラスターも目立つ。配当取り妙味のインカムゲインとともに、値幅稼ぎのキャピタルゲインも期待したい。

■商社株は大手の逆張りから専門商社株の順張りまで全方位対応

 「分配と高株価の好循環」を期待させてくれる業績上方修正と増配を同時発表のクラスターの第一走者は、専門商社株を含めた商社株だろう。大手商社株では、丸紅<8002>(東1)が、年初来高値に迫る歓迎高となったが、双日<2768>(東1)、伊藤忠商事<8001>(東1)、三井物産<8031>(東1)、住友商事<8053>(東1)、三菱商事<8058>(東1)は、今年10月に年初来高値まで買われていただけに海運大手3社と同様に材料出尽くし感から売り反応となった。しかしPERは4倍〜6倍、PBRは1倍割れと割り負け、配当利回りは4〜5%と市場平均を大きく上回る。逆張りも一考余地がある。

 専門商社株では、エレクトロニクス商社のトーメンデバイス<2737>(東1)、伯東<7433>(東1)、鳥羽洋行<7472>(JQS)、新光商事<8141>(東1)、三信電気<8150>(東1)、立花エレテック<8159>(東1)、日本電計<9908>(JQS)などがPBR1倍割れで年間配当利回りは3%〜5%となっている。同様に建材商社のOCHIホールディングス<3166>(東1)、JKホールディングス<9896>(東1)、水産資材商社のニチモウ<8091>(東1)、金属商社のテクノアソシエ<8249>(東2)、食品機械商社の蔵王産業<9986>(東1)、通販会社のスクロール<8005>(東1)も、バリュー株ポジションにある。

■素材関連、エレクトロニクス関連、自動車関連でも続々

 中小型株では鉄鋼・アルミの素材関連の中山製鋼<5408>(東1)、高砂鉄工所<5458>(東2)、山陽特殊製鋼<5481>(東1)、UACJ<5741>(東1)、自動車関連のニッタ<5186>(東1)、日本特殊陶業<5334>(東1)、プレス工業<7246>(東1)、エレクトロニクス関連のエア・ウォーター<4088>(東1)、有沢製作所<5208>(東1)、山一電機<6941>(東1)、中古住宅のイーグランド<3294>(東1)などが低PER・PBRで配当利回りも3%〜5%と市場平均をオ−バーしている。

 別線人気を内包していそうなのが、明和産業<8103>(東1)と日本たばこ産業<JT、2914>(東1)だ。明和産は、今3月期配当を年間118円に再増配し、年間配当利回りは14.14%と全市場の配当利回りランキングの断トツとなっている。JTも年間配当を140円に増配したが、今12月期業績の上方修正自体がサプライズ視されている。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:53 | 特集