株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2007年07月19日

三井トラスト・ホールディングスは小反発。中越沖地震の被災者向け優遇ローンも材料

 三井トラスト・ホールディングス<8309>(東1)は小反発。2円高の1023円で始まり、寄り後は1036円まで買われている。
 今朝の日経新聞等で「大手銀行が、新潟県中越沖地震の被災者向けに、優遇金利で貸し出すローンを取り扱い始めた」と伝えられた。報道によると、三井住友銀行(三井住友フィナンシャルグル−プ<8316>(東1))と中央三井信託銀行(三井トラスト・ホールディングス)は、中小企業向け無担保ローンの金利を優遇する。みずほ銀行(みずほフィナンシャルグループ<8411>(東1))は被災住宅の復旧にかかる資金を、優遇金利で貸し出すという。
 上記3銘柄とも、今朝は小反発となっている。
 今朝は日経平均株価が反発して、一時、115円54銭高の1万8131円12銭まで上げている。地合いの良さを背景に、銀行業セクターも上げている。上記3銘柄のほか、地元第四銀行<8324>(東1)北越銀行<8325>(東1)も反発している。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:59 | 株式投資ニュース