株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2021年11月15日

日本基礎技術が後場急伸、第2四半期決算の大幅上振れと自社株買いなど好感される

■経常利益は従来予想を64.6%上回る

 日本基礎技術<1914>(東1)は11月15日の13時に第2四半期の連結決算、業績予想との差異(上振れ着地)、および自己株式の取得(自社株買い)を発表。株価は13時過ぎから急伸し、9%高の538円(46円高)まで上げる場面を見せて急激な出直りとなっている。500円台回復は今年11月5日以来になる。

 第2四半期の連結決算(2021年4〜9月)は、今年5月に公表した従来予想に対し、売上高が2.4%上回り、営業利益は27.5%、経常利益は64.6%、四半期純利益は3倍近く上回り、大幅な上振れ着地となった。重機を中心とした機械化施工の効率化、間接費の削減効果等に加え、受取配当金、有価証券売却益も加わった。通期の業績予想は現段階で据え置いた。

 自社株買いは、取得株数200万株(自己株式を除く発行済株式総数の8.8%)、取得総額12億円を上限に、21年11月16日から22年11月17日まで行うとした。(HC)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:12 | 業績でみる株価