株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2021年11月18日

【株式市場】日経平均は小幅続落だが14時過ぎから急速に戻す、経済対策を好感

◆日経平均は2万9598円66銭(89円67銭安)、TOPIXは2035.52ポイント(2.82ポイント安)、出来高概算(東証1部)は後場増勢となり12億2040万株

 11月18日(木)後場の東京株式市場は、米国金利情勢などを受けて第一生命HD<8750>(東1)などが次第に持ち直し、トヨタ自<7203>(東1)も徐々に下げ幅を縮小。14時頃に政府の景気対策が「財政支出ベースで55.7兆円程度」と日経電子版が伝えるとトヨタ自は一気に堅調転換するなど全般一気に値を戻した。日経平均は275円安で始まったが、前場の安値(285.76円安の2万9402円57銭)を割らずに持ち直し始め、14時過ぎから急速に戻し一時27円62銭高(2万9715円95銭)まで浮上する場面があった。大引けは再び軟調で.2日続落となった。

 後場は、日電硝子<5214>(東1)が13時頃から急伸一段高となり世界で初めて全個体ナトリウム二次電池の駆動に成功との発表に注目集中。メガチップス<6875>(東1)は自社株買いとすでに保有している自己株式の消却が好感され前場ストップ高で売買されたまま大引けまで買い気配。リアルワールド<3691>(東マ)はレシートを活用するクラウドサービス会社との提携など好感され2日連続ストップ高。ジェイテック<2479>(JQG)は熟練外国人就労者の在留制限撤廃の観測報道などが材料視されストップ高。

 東証1部の出来高概算は後場増勢となり12億2040万株(前引けは5億7000万株)、売買代金は2兆8167億円(同1兆3362億円)。1部上場2183銘柄のうち、値上がり銘柄数は770(前引けは536)銘柄、値下がり銘柄数は1314(同1524)銘柄。

 また、東証33業種別指数は13業種が値上がり(前引けは5業種が値上がり)し、値上がり率上位は、ガラス土石、サービス、その他製品、非鉄金属、機械、証券商品先物、精密機器、空運、などとなった。(HC)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:29 | 今日のマーケット