株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2021年11月24日

【株式市場】日経平均は後場一時561円安まで下押し大幅に反落、新規上場の2銘柄は好発進

◆日経平均は2万9302円66銭(471円45銭安)、TOPIXは2019.12ポイント(23.70ポイント安)、出来高概算(東証1部)は12億2187万株

 11月24日(水)後場の東京株式市場は、トヨタ自<7203>(東1)ソニーG<6758>(東1)が一段と下げて始まり、引き続き原油高・エネルギー高騰の経済への影響を警戒する様子。味の素<2802>(東1)など堅調な銘柄も一進一退が目立った。日経平均は前場の安値を割って始まり、さらに次第安となって14時過ぎに561円18銭安(2万9212円93銭)まで下落したが、大引けにかけては100円近く持ち直した。

 後場は、GSIクレオス<8101>(東1)がストップ高買い気配のまま大引けまで推移し、配当予想の大幅増額など好感。JPホールディングス<2749>(東1)は全国300超の保育所の園児・児童と保護者を会員とする新サービスが注目されてしっかり。ナガホリ<8139>(東2)はイベント制限の撤廃などが伝えられて催事再開などの期待が強く前週から日々動意を強めてきた相場の需給が締まってきたとされて一段高となり後場ストップ高。ビーブレイクS<3986>(東マ)、ウィルソン・ラーニングW<9610>(JQS)はコロナ収束に伴う人手不足のにあって職業紹介サービス好調との見方で後場一段高。

 24日は2銘柄が新規上場となり、サイエンスアーツ<4412>(東マ)は大引けまで買い気配のまま初値がつかず、大引けは気配値で上げる場合の本日上限気配となる公開価格1710円の2.3倍の3935円で買い気配。ラストワンマイル<9252>(東マ)も公開価格は1710円で、午前10時30分過ぎに公開価格の48%高の2520円で初値をつけ、高値は前場の3020円、大引けは2880円となった。

 東証1部の出来高概算は12億2187万株(前引けは6億3630万株)、売買代金は2兆7804億円(同1兆4137億円)。1部上場2183銘柄のうち、値上がり銘柄数は486(前引けは710)銘柄、値下がり銘柄数は1600(同1343)銘柄。

 また、東証33業種別指数は8業種(前引けは12業種)が値上がりし、値上がりした業種は、鉱業、石油石炭、銀行、電力ガス、非鉄金属、輸送用機器、証券商品先物、卸売り、となった。(HC)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:50 | 今日のマーケット