株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2021年11月27日

アイリッジ子会社フィノバレーの「MoneyEasy」が長野県松本市の「まつもとコイン」に採用

■観光消費拡大を支援する電子クーポン、12月1日から

 アイリッジ<3917>(東マ)は、連結子会社フィノバレーの提供するデジタル地域通貨プラットフォーム「MoneyEasy」が、長野県松本市が提供する電子クーポン「まつもとコイン」のプラットフォームとして採用されたと発表した。

ai1.jpg

 「まつもとコイン」は、コロナ禍での市内観光産業の早期回復を目的に、松本市が12月1日から開始する「まつもと冬割キャンペーン」の参加者を対象に付与される電子クーポンである。事業費1億2,881万円。「まつもと冬割キャンペーン」では、⻑野県在住者およびFDA(フジドリームエアラインズ)で信州まつもと空港を利用する県外からの旅行者を対象に、宿泊代金や旅行代金を割引く。また、宿泊割引を利用した旅行者に対し、市内の飲食店や観光施設等約200店舗で利用できる「まつもとコイン」を付与する。

 対象者は、宿泊施設のチェックイン時にフロントで配布される2,000円額面のポイントカードを、スマートフォンにダウンロードした「まつもとコイン」アプリ(無料)で読み取ることで、「まつもとコイン」に加盟する飲食店や観光施設等での支払いに利用できる。

 フィノバレーの「MoneyEasy」はデジタル地域通貨を大規模に展開する国内唯一のプラットフォーム。アプリ内に複数種類のコインを発行して、コイン単位で使途を限定するなどの運用がしやすい仕組みになっている。先行して「MoneyEasy」を採用する「さるぼぼコイン」(岐阜県飛騨高山地域)、「アクアコイン」(千葉県木更津市)などにおいても、この仕組みを利用したプレミアム商品券事業や観光消費支援事業など、コロナ禍における経済支援施策が多数実施されている。「まつもとコイン」についても、キャンペーン終了後の継続的な利用を視野に入れ、企画や運用の支援をしていくとしている。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:33 | プレスリリース