株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2021年12月02日

海運株が軒並み高、コロナ禍で業績拡大したため「オミクロン」拡大は怖くないとか

■世界的な港湾労働の停滞、コンテナ不足などによる運賃市況の高騰など連想

 川崎汽船<9107>(東1)は12月2日、時間とともに上げ幅を広げ、午前11時にかけて一時8%高の5320円(435円高)まで上げて出直りを強めている。会社発表の注目材料としては、1日付で開示した「AIを活用した契約書管理プラットフォームの導入」が注目されたが、海運株は商船三井<8104>(東1)が6%高、日本郵船<9101>(東1)も5%高など軒並み高となっている。

 このため、海運各社に共通する買い材料として、各社の業績が昨年来のコロナ禍で運賃市況の高騰などを受け手拡大したこと、このところ原油市況が下げっていること、などが挙げられている。コロナ禍では、世界的な港湾労働の停滞、コンテナ不足などにより運賃市況が高騰した。このため、株式市場関係者からは、新型コロナ「オミクロン」の拡大も怖くないといった雰囲気で買いが入っている、との見方が出ている。(HC)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:36 | 材料でみる株価