株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2021年12月02日

川崎近海汽船が出直り強める、近海部門の好調継続に期待強く原油相場軟化も好感

■11月9日以来の3000円台復帰

 川崎近海汽船<9179>(東2)は12月2日、6%高の3170円(179円高)まで上げた後も強い相場を続け、後場も3100円(109円高)前後で推移。11月9日以来の3000円台復帰となって出直りを強めている。7月に業績予想の増額修正を発表した際に、内航部門は「燃料油価格の上昇が予想される」ことを要因に「収支は前回発表予想並み」としたが、このところは国際原油市況が軟調でピークアウト感があるとされ、注目が再燃している。

 近海部門は好調で、7月の増額修正では「市況の回復に伴い運賃や貸船料が増加」などとした。市況回復の要因としては、昨年来のコロナ禍で世界的に港湾労働などに影響が出ていること、同社の近海部門の主要な輸送品目である「石炭」「鉱石」「原木・木材製品」「鋼材」などに市況高騰が目立っていること、などが挙げられている。(HC)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:55 | 業績でみる株価