株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2021年12月03日

【話題株】空運株の反発は橋下徹氏のおかげか、国際線の入国予約一律停止「撤回」で安堵感

■橋下氏、2日朝のテレビ番組で邦人保護などの観点から異論

 日本航空<9201>(東1)は12月3日、取引開始後は2108円(93円高)まで上げて反発基調となり、ANAホールディングス<9202>(東1)も2306.5円(100.5円高)まで上げ、ともに反発して下値圏から出直っている。「国際線、予約再開へ、政府、一律停止要請を撤回」(日本経済新聞12月3日付朝刊)などと伝えられ、安堵感が出ている。

 この「撤回」の急展開については、12月2日朝のテレビ情報番組「めざまし8」(フジテレビ系)にコメンテーターとしてオンライン出演した弁護士・橋下徹氏が、邦人保護や憲法の観点から日本人の入国停止に異論を唱え、帰国後に隔離するなどの提案を行ったとされており、少なからず影響を与えたとの見方が出ている。このため、株式市場関係者からは、今回の空運株の反発は橋下氏のおかげとの見方が出ている。

 国土交通省は11月末にかけて、新型コロナ「オミクロン株」の感染防止策として、日本着の国際線について、すべて新たな予約を停止する要請を航空会社に出していたが、12月2日になって、一律での停止要請を取りやめ、帰国する日本人については予約・搭乗が可能とした。(HC)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:33 | 話題株