株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2021年12月03日

【株式市場】日経平均は61円安、一時プラス圏に浮上するが半導体株など重い

◆日経平均は2万7692円34銭(61円03銭安)、TOPIXは1937.06ポイント(10.69ポイント高)、出来高概算(東証1部)は5億9038万株

 12月3日(金)前場の東京株式市場は、日本郵船<9101>(東1)などの海運株が軒並み一段高となり、昨年来のコロナ禍による世界的な市況高、業績拡大の再燃期待などが言われ、換気型エアコンのダイキン<6367>(東1)が続伸などコロナ対策株も強い。日経平均は87円高で始まったが、東京エレク<8035>(東1)などの半導体株が朝寄りから安いため軟調に転じ、午前10時前後の時間帯には浮上したが、11時前に164円76銭安(2万7588円61銭)まで軟化し、前引けも軟調だった。一方、TOPIXは堅調。

 日本航空<9201>(東1)などの空運株が反発高となり、国際線の入国予約停止の一部撤回や原油市況の安定化など好感。アルチザネット<6778>(東2)は四半期決算の大幅増益など好感され急反発。メドレックス<4586>(東マ)はワクチンのマイクロニードル製剤化への取組が注目されて急伸。ブロッコリー<2706>(JQS)は2022年2月にかけてゲーム新作続々とされ出直り急。

 東証1部の出来高概算は5億9038万株、売買代金は1兆4292億円。1部上場2184銘柄のうち、値上がり銘柄数は1797銘柄、値下がり銘柄数は334銘柄。

 また、東証33業種別指数は28業種が値上がりし、空運、海運、陸運、繊維製品、不動産、食料品、保険、証券商品先物、鉄鋼、サービス、などが高い。(HC)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:07 | 今日のマーケット