株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2021年12月03日

【株式市場】日経平均は276円高で高値引け、主力株買われ後場スルスル上げる

◆日経平均は2万8029円57銭(276円20銭高)、TOPIXは1957.86ポイント(31.49ポイント高)、出来高概算(東証1部)は増加し12億3333万株

 12月3日(金)後場の東京株式市場は、東京エレク<8035>(東1)など半導体株の一角が大きく値を戻して始まり、トヨタ自<7203>(東1)ソニーG<6758>(東1)は一段高でスタート。株価指数寄与度の大きい銘柄が強く、日本株買いが復活したような雰囲気との見方も。この1週間ほどは日経平均ベースで1500円近く下げたため、先物の売り手が週末になって買い戻したとの見方もあり、日経平均は一段高で始まり、ほぼ一本調子に大引けまで上げて270円高の高値引けとなった。大幅反発。

 後場は、JR東日本<9020>(東1)やKNTーCTホールディングス<9726>(東1)が一段ジリ高の高値引けとなり、米製薬大手メルクの日本法人MSDが新型コロナ治療薬候補を厚労省日経平均申請との日経電子版報道などが好感され、空運株も一段ジリ高。Jトラスト<8508>(東2)は韓国金融事業の中核子会社の売却中止など見直すとされて反発幅を拡大。リファインバースG<7375>(東マ)はファッション誌「25ans(ヴァンサンカン)」に掲載されたとの発表に注目が集まり再生プラスチックの「アップサイクル」銘柄とされて一段高。菊池製<3444>(JQS)は昨日までの5日続落600円割れがフシ目の一つとされ急反発。

 東証1部の出来高概算は増加し12億3333万株(前引けは5億9038万株)、売買代金は2兆9347億円(同1兆4292億円)。1部上場2184銘柄のうち、値上がり銘柄数は2015(前引けは1797)銘柄、値下がり銘柄数は138(同334)銘柄。

 また、東証33業種別指数は32業種(前引けは28業種)が値上がりし、値上がり率上位の業種は、空運、海運、陸運、繊維製品、不動産、鉄鋼、その他金融、証券商品先物、金属製品、建設、などとなった。(HC)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:49 | 今日のマーケット