株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2021年12月24日

24日上場のCS−Cは1205円(公開価格の19%高)で初値つく

■個人事業主や中小企業を中心にDX化支援など支援

 12月24日新規上場となったCS−C<9258>(東マ)は買い気配で始まり、取引開始から20分を過ぎた午前9時25分に1205円(公開価格1010円の19%高)で初値がついた。

 ITでローカルビジネス(個人事業主や中小企業を中心とした、地域に根付いた店舗ビジネス)を支援。SaaS型統合マーケティングツール「C−mo」などで、お店のマーケティングのDX化支援などを行う。また、ローカルビジネスのデジタルマーケティングを運用するハンズオン型コンサルティングサービス「C+」グルメ版、ビューティー版や、テイクアウトやデリバリーを強化する飲食店向けに特化したサービス「C+ToGo」をリリースしている。設立は2011年10月。

 今期・2022年9月期の業績見通し(個別、会社発表)は、売上高が2376百万円(前期比24.5%増)、営業利益310百万円(同87.6%増)、経常利益310百万円(同84.2%増)、当期純利益166百万円(同41.3%増)。(HC)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:52 | 新規上場(IPO)銘柄