株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2022年01月13日

【株式市場】日経平均は276円安となり反落、割安株や高利回り株は高い

◆日経平均は2万8489円13銭(276円53銭安)、TOPIXは2005.58ポイント(13.78ポイント安)、出来高概算(東証1部)は11億6357万株

 1月13日(木)後場の東京株式市場は、第一生命HD<8750>(東1)三菱UFJ・FG<8316>(東1)が一段ジリ高となり、配当利回り3〜4%狙いの見方。住友商事<8053>(東1)も一段ジリ高。前場上げた鉄鋼株は高値もみ合いに転じたが日本製鉄<5401>(東1)など10日続伸。一方、日経平均は後場寄りから14時過ぎまで230円安前後で小動きを続け、終盤に一時320円07銭安(2万8444円96銭)まで下押して大引けは反落となった。

 後場は、トヨタ自<7203>(東1)が一段とジリ高になりEV戦略や北米、中国での販売回復など材料視され、まずは株式分割前の1万円に相当する2500円めざすとの見方が。愛知鋼<5482>(東1)大平金<5541>(東1)高砂鐵<5458>(東2)なども一段と上げ、鉄鋼株へのバリュー(割安)株買いの潮流が波及の見方。シャルレ<9885>(東2)は業績上振れ期待に加えPBRも低いとされ一段高。ロードスターCP<3482>(東マ)は自社株買いで前場活況高のまま値を保ち2018年来の高値。アジアゲートHD<1783>(JQS)は今9月期の大幅増益予想などに期待再燃とされ出直りを一段拡大。

 東証1部の出来高概算は11億6357万株(前引けは5億7980万株)、売買代金は2兆7680億円(同1兆3783億円)。1部上場2185銘柄のうち、値上がり銘柄数は502(前引けは527)銘柄、値下がり銘柄数は1605(同1553)銘柄。

 また、東証33業種別指数は12業種(前引けも12業種)が値上がりし、値上がり率上位は、鉄鋼、非鉄金属、パルプ紙、保険、卸売り、鉱業、銀行、輸送用機器、証券商品先物、などとなった。(HC)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:47 | 今日のマーケット