株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2022年01月14日

【株式市場】日経平均は後場持ち直し365円安、2日続落だが主力株買い復調

◆日経平均は2万8124円28銭(364円85銭安)、TOPIXは1977.66ポイント(27.92ポイント安)、出来高概算(東証1部)は増加し14億8150万株

 1月14日(金)後場の東京株式市場は、前引けにかけて下幅を広げたソニーG<6758>(東1)が戻り歩調となり、日本製鉄<5401>(東1)日本郵船<9101>(東1)が一段強含んで堅調相場となり、主力株への買いが復活する雰囲気になった。日経平均ベースで2万8000円割れには買いが入る様子。日経平均も下げ幅を400円台に縮めて始まり、13時半過ぎには305円安まで持ち直したが、大引けにかけては一進一退で2日続落となった。

 後場は、リンナイ<5947>(東1)が暖房機需要への期待などで一段と強含み、ファーストリテ<9983>(東1)は朝上げたあと伸びなかったが値を保って推移。日本伸銅<5753>(東2)は国際銅相場の上昇基調や給湯器の凍結増加など材料視され一段高。アールプランナー<2983>(東マ)はEV充電設備を標準設備とした住宅への期待などで後場強い。シー・エス・ランバー<7808>(JQS)は木材市況鷹に伴う業績拡大期待で後場強く大引け後に中間決算を発表。

 東証1部の出来高概算は14億8150万株(前引けは7億4060万株)、売買代金は3兆4410億円(同1兆8184億円)。1部上場2185銘柄のうち、値上がり銘柄数は503(前引けは201)銘柄、値下がり銘柄数は1599(同1930)銘柄。

 また、東証33業種別指数は3業種(前引けも3業種)の値上がりにとどまり、値上がりした業種は、海運、水産農林、小売り、となった。(HC)
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:33 | 今日のマーケット