株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2022年01月20日

ティムコは上値試す、22年11月期黒字転換予想

(決算速報)
 ティムコ<7501>(JQ)は1月19日の取引時間終了後に21年11月期業績を発表した。従来予想を下回ったが、前期との比較では2桁増収となり、各利益とも赤字が大幅に縮小した。22年11月期は2桁増収・黒字転換予想としている。屋外アクティビティとして釣り関連市場が拡大しており、収益改善基調を期待したい。株価は下方修正を嫌気する場面があったが、素早く切り返して急反発している。上値を試す展開を期待したい。

■21年11月期は赤字縮小、22年11月期は2桁増収・黒字転換予想

 21年11月期第の業績(非連結)は、売上高が20年11月期比10.7%増の29億51百万円、営業利益が26百万円の赤字(20年11月期は1億34百万円の赤字)、経常利益が14百万円の赤字(同1億27百万円の赤字)、当期純利益が9百万円の赤字(同2億28百万円の赤字)だった。特別利益では投資有価証券売却益20百万円を計上、雇用調整助成金等が10百万円減少、特別損失では臨時休業による損失が28百万円減少、前期計上した減損損失57百万円が剥落した。配当は20年11月期と同額の5円40銭(期末一括)とした。

 従来予想との比較(1月14日に下方修正)では、アウトドア事業の都市部の店舗における販売が新型コロナウイルス感染第5波の影響を受けたため、売上高、利益とも従来予想を下回ったが、前期(20年11月期)との比較では、フィッシング事業の好調が牽引して2桁増収となり、各利益とも赤字が大幅に縮小した。

 フィッシング事業は、売上高が19.5%増の10億65百万円で、営業利益(全社費用等調整前)が27.6%増の1億67百万円だった。3密を避けた屋外アクティビティとして釣り関連市場が拡大し、ルアー用品の新製品投入やフライ用品の輸出増加なども寄与した。

 アウトドア事業は、売上高が6.3%増の18億59百万円で、営業利益が24百万円の赤字(20年11月期は36百万円の赤字)だった。釣り関連商品の好調や直営店の増加などで増収だが、新型コロナウイルス感染第5波の影響で、アウトドア衣料を中心とした販売が都市部の店舗で苦戦した。集客低迷を補うための値引き販売、直営店舗増加に伴う運営経費の増加に加えて、セグメント費用配分方法も影響して利益が伸び悩んだ。

 なお四半期別に見ると、第1四半期は売上高が7億07百万円で営業利益が60百万円の赤字、第2四半期は売上高が7億96百万円で営業利益が35百万円の黒字、第3四半期は売上高が6億73百万円で営業利益が19百万円の赤字、第4四半期は売上高が7億75百万円で営業利益が18百万円の黒字だった。

 22年11月期の業績(非連結)予想は、売上高が21年11月期比12.3%増の33億13百万円、営業利益が55百万円の黒字(21年11月期は26百万円の赤字)、経常利益が59百万円の黒字(同14百万円の赤字)、当期純利益が43百万円の黒字(同9百万円の赤字)としている。配当予想は21年11月期と同額の5円40銭(期末一括)としている。

 ネット通販の強化、宣伝販売促進の強化、フィッシング事業の更なる強化、直営店事業であるフォックスファイヤーストアの販売チャネル見直しや不採算店舗整理、さらに社内業務見直しによる販管費コントロールなどによって、売上および利益の拡大を図る方針としている。3密を避けた屋外アクティビティとして釣り関連市場が拡大しており、収益改善基調を期待したい。

■株価は上値試す

 株価は1月14日の下方修正を嫌気する場面があったが、素早く切り返して急反発している。22年11月期黒字転換予想を好感して上値を試す展開を期待したい。1月19日の終値は839円、今期予想PER(会社予想EPS17円36銭で算出)は約48倍、時価総額は約28億円である。(日本インタビュ新聞社アナリスト水田雅展)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:35 | 決算発表記事情報