株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2022年01月26日

インフォマート、飲食店の食材発注をAIで自動化する「HANZO 自動発注」×「メニューPlus」を老舗ラーメンチェーン“福しん”が全32店舗に導入開始

■店舗業務をDXで効率化し、従業員の働きやすい環境整備へ

info1.jpg

 インフォマート<2492>(東1)の提供する飲食店のメニュー管理業務を効率化するクラウドサービス「メニューPlus」と、Goals(本社:東京都港区)の提供する必要な食材をAI(人工知能)が予測し自動発注するクラウドサービス「HANZO 自動発注」は、福しん(本社:東京都豊島区)の運営する老舗ラーメンチェーン「福しん」全32店舗に採用された。2022年1月から導入・運用を開始し、発注作業の業務負担軽減を目指していく。

■導入の背景

 飲食店の食材発注は、季節ごとのメニュー変更や、天気・曜日に応じた来客数の予測など、経験を必要とする場合が多い傾向にある。福しんでは発注業務を店長や一部の“ベテラン”従業員のみが行うため、業務負担に偏りがあった。福しんはDX(デジタルトランスフォーメーション)による業務負荷の軽減に注力しており、今回両システムの導入を決定した。

■概要

 「メニューPlus」は、メニューのレシピで必要な食材の数量や原価の情報を見える化することで、店舗従業員でデジタル共有・管理を可能にする。また、新商品や、毎月提案しているメニューの調理工程の登録も簡便に行える。

 「メニューPlus」とマスターデータを共有している「HANZO 自動発注」は、来客数や提供する料理の数量をAIが予測し、必要な食材の発注数を自動算出するクラウドサービス。パソコンやスマートフォンのブラウザ上で操作ができるので、他のハードウェアを購入せずに利用可能。また、食材の画像やアイコンの配色から画面を見て直感的に操作できる。操作方法の伝達もスムーズに行えるため、熟練者以外の従業員でも発注業務の分担が可能になる。両システムにより発注作業の業務負担軽減を目指していく。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 16:24 | プレスリリース