株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2022年02月08日

【編集長の視点】グラファイトデザインは期末接近で増配の配当権利取りが再燃、1000円大台回復も意識

■2回の上方修正もサポート材料

 グラファイトデザイン<7847>(JQS)は2月8日、18円高の723円まで上げて続伸し、年初来高値を更新している。2月期期末接近とともに、同社の今2022年2月期配当が、年間35円(前期実績20円)へ大幅増配予定にあることを見直し配当権利取りの買い物が再燃した。同社の年間配当利回りは、2月期決算会社の配当利回りランキングのトップにランクされており、増配の前提となる同社の今2月期業績が、2回も上方修正されたこともサポート材料として意識されている。

■自社ブランドシャフトが大きく伸び今期純利益は3倍増益と連続高変化

 同社の今期配当は、今2月期業績の再上方修正と財務状況を勘案して普通配当20円に特別配当15円を上乗せして年間35円に大幅増配の予定である。この業績再上方修正は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大のなか、「三密」回避のアウトドアスポーツとしてゴルフ人気が回復し、自社ブランドシャフト「Tour AD」の各ゴルフショップの直販販売や各クラブメーカーのカスタム受注が増加し、米国市場でも「Tour AD」DIシリーズが、大手クラブメーカーのストックカスタムに採用されたことなどが要因となっている。

 業績そのものは、昨年9月に上方修正されたものを今年1月に再上方修正し、売り上げは昨年9月の修正値より4億5000万円、営業利益は同2億3000万円、経常利益は同2億5200万円、純利益は同1億8300万円それぞれ引き上げ、売り上げ32億5000万円(前期比24.8%増)、営業利益6億1000万円(同3.07倍)、経常利益6億4100万円(同3.27倍)、純利益4億3400万円(同3.43倍)と連続の高変化を見込んでいる。

■高値肉薄もまだPER10倍、PBR1倍、配当利回りは4.9%

 株価は、昨年1月の昨年来安値400円から「ウイズ・コロナ」関連株人気で水準を切り上げ昨年9月の1回目の今期業績の上方修正で昨年来高値713円まで買われ、その後の調整安値581円からは今年1月の業績再上方修正・増配で710円の戻り高値をつけ昨年来高値抜けを窺っていた。PERは10.4倍、PBRは1.04倍、配当利回りは4.96%と割安であり、2月24日の権利付き最終売買日に向け所有期間利回り的なインカムゲインとともに値幅効果期待も高め、昨年来高値抜けから2014年1月以来の1000円大台回復も意識されそうだ。(情報提供:日本インタビュ新聞・株式投資情報編集長=浅妻昭治)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:44 | 編集長の視点