株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2007年07月20日

東京電力は地震による原発問題で続落。ほかの電力会社は軒並み値を上げる

 東京電力<9501>(東1)は20円高の3420円で始まったが、寄り後は3370円まで売られている。
 引き続き、新潟県中越沖地震で、柏崎刈羽原子力発電所から放射性物質が流出した問題、原子炉停止などが売り材料となっているもようだ。
 一方、東電は、原発停止により、中部電力<9502>(東1)など電力6社に電力応援融通を要請していたが、要請を受けた全6社とも、応援融通すると回答した。
 今朝は日経平均株価が一時、93円72銭高の1万8210円29銭をつけるなど、地合いの良い状態。多くのセクターが上げているなか、電気・ガス業セクターも、東証1部業種別株価指数で値上がり率上位にランクインしている。セクター内では、東電を除く、9電力会社とも値を上げている。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:50 | 株式投資ニュース