株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2007年07月20日

第一建設工業は反発。1Q好決算に、新潟復興関連としての注目も

 第一建設工業<1799>(JQ)は反発。15円高の1025円まで買われている。
 きょうの後場1時台に発表した、第1四半期(4〜6月)決算が、前年同期比増収増益だったことが買い材料となっているもようだ。1Q決算は、売上高が同15.6%増の50億8500万円、経常利益が同34.7%増の6億3900万円、純利益が同34.3%増の3億7400万円。
 前年度からの繰越工事が完成したことにより、2ケタ増収増益となった。
 2008年3月通期業績予想は、売上高が前年実績比9.8%増の425億円、経常利益が同7.0%増の38億7000万円、純利益が同9.3%増の22億円と、当初予想を据え置いている。
 チャートを見ると、現在は高値圏の押し目。ではあるが、PERは9.72倍、PBRは0.75倍と割安。大口株主は東日本旅客鉄道<9020>(東1)のほか、ゴールドマン・サックスや、国内地銀などが並ぶ。マーケットメイク銘柄の安心感もある。
 本社は新潟市なので、新潟県中越沖地震の復興関連としても注目される。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:53 | 株式投資ニュース