株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2022年04月22日

ASIAN STAR、中国上海市のロックダウンに係る当社子会社等の事業活動への影響に関するお知らせ

■子会社が上海市のロックダウンのため一部の稼働を停止中

 ASIAN STAR<8946>(東証スタンダード)は4月22日の15時、中国上海市のロックダウンによる中国子会社等の事業活動への影響について発表した。従業員の出社、事務所への入館が出来ず、一部の稼働を停止していること、解除の見通しはたっていないことなどを明らかにした。

■従業員の出社、事務所への入館が出来ず

 発表によると、100%子会社である柏雅資本集団控股有限公司(香港)は、中国上海市に柏雅酒店管理(上海)有限公司、上海徳威房地産経紀有限公司、上海優宏資産管理有限公司、上海特庫伊投資管理有限公司の合計4社の子会社及び孫会社を有しており、中国上海市において、不動産管理事業及び不動産仲介事業を行っている。

・柏雅酒店管理(上海)有限公司:ホテル管理・物業管理
・上海徳威房地産経紀有限公司:住宅、オフィス、店舗の賃貸仲介、不動産販売、売買仲介
・上海優宏資産管理有限公司:不動産賃貸管理、賃貸仲介
・上海特庫伊投資管理有限公司:不動産販売、賃貸仲介、賃貸管理

 中国国内のゼロコロナ政策に伴い、上海市では2022年3月28日より浦東エリアが、22年4月1日より浦西エリアがロックダウンとなり、本日に至るまで上海市全域のロックダウンが継続しており、上記当社のグループ会社においても従業員の出社、事務所への入館が出来ず、一部の稼働を停止している。

 中国上海市のロックダウンは短期間の見込みであると認識していたが、本日現在までロックダウン期間は延長されており、解除の見通しはたっていない。業績予想の修正が必要であると判断した場合には、速やかにお知らせする。(HC)
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:18 | 株式投資ニュース