株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2022年04月25日

NTTが後場一段と強含む、外部環境の影響小さいリスクヘッジ銘柄とされ高値に迫る

■TOPIX浮動株比の見直しも追い風とされ「目標株価」引き上げも安心要因に

 日本電信電話(NTT)<9432>(東証プライム)は4月25日の後場、一段と強含んで始まり、13時にかけて3799円(27円高)まで上げ、4月21日につけた株式分割を調整後の2000年以来の高値3819円に向けて出直りを強めている。海外金利の上昇懸念や急激な円安といった外部環境悪化の影響が相対的に小さいスクヘッジ銘柄とされている上、野村証券が4月18日付で目標株価を引き上げ、それまでの4100円から4290円に見直したと伝えられ、買い安心感があるようだ。

また、東証がTOPIX(東証株価指数)構成銘柄の浮動株比率を4月から6月にかけて段階的に見直すとされ、政策保有株(もちあい株)の割合に応じて浮動株比率が見直される中で、同社株には相対的な買い需要が発生するとされている。(HC)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:13 | 材料でみる株価