株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2022年04月26日

【株式市場特集】尹韓国次期大統領が代表団派遣、韓国と関係の深い銘柄に注目

 韓国の尹錫悦(ユン・ソンニョル)次期大統領が派遣した「韓日政策協議代表団」が24日に尹氏の親書を持参して来日した。25日は林芳正外相と外務省で会談、26日には岸田総理と会談したと伝えられている。代表団派遣は米国に続くもので、日本との関係改善に意欲を示したものと受け止められている。

■韓流ブームの再燃へ、景気を刺激する良い機会に

 5月10日の大統領就任で、韓国の衣食やエンターテインメントの取り込みが大きく増え韓流ブームの再燃、韓国企業と関係を深める良い契機になり、景気を刺激する良い機会になると期待されている。

 これから2022年3月期決算の発表が始まるが、韓国に現地法人や工場などがある銘柄や韓国企業と関係が深い銘柄は、市場の関心を集めると思われるので、要マークと言える。

 また、韓国にかかわる好材料が出れば、株価に大きく刺激を与えると期待されるため、関連する材料が出てくるか、どの銘柄が恩恵を受けるか等注目していきたい。(信濃川)

【主な韓国関連銘柄】

 カルビー<2229>(東証プライム)、タカミヤ<2445>(東証プライム)、エービーシー・マート<2670>(東証プライム)、アイケイ<2722>(東証プライム)、トーメンデバイス<2737>(東証プライム)、オーケー食品工業<2905>(東証スタンダード)、シンデン・ハイテックス<3131>(東証スタンダード)、東レ<3402>(東証プライム)、ネクソン<3659>(東証プライム)、アイスタイル<3660>(東証プライム)、コムシード<3739>(名証ネクスト)、ガンホー・オンライン・エンターテイメント<3765>(東証プライム)、ジェイ・エスコムホールディングス<3779>(東証スタンダード)、マクロミル<3978>(東証プライム)、保土谷化学工業<4112>(東証プライム)、トリケミカル研究所<4369>(東証プライム)、ストリームメディアコーポレーション<4772>(東証グロース)、ガーラ<4777>(東証スタンダード)、JCU<4975>(東証プライム)、日本電気硝子<5214>(東証プライム)、大和工業<5444>(東証プライム)、エンビプロ・ホールディングス<5698>(東証プライム)、カナレ電気<5819>(東証スタンダード)、リョービ<5851>(東証プライム)、アドベンチャー<6030>(東証グロース)、テクノスマート<6246>(東証スタンダード)、野村マイクロ・サイエンス<6254>(東証プライム)、コンバム<6265>(東証スタンダード)、タクミナ<6322>(東証スタンダード)、セガサミーホールディングス<6460>(東証プライム)、ハマイ<6497>(東証スタンダード)、HANATOUR JAPAN<6561>(東証グロース)、ダブル・スコープ<6619>(東証プライム)、メディアリンクス<6659>(東証スタンダード)、ワコム<6727>(東証プライム)、東亜ディーケーケー<6848>(東証スタンダード)等。(情報提供:日本インタビュ新聞社・株式投資情報編集部)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:55 | 特集