株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2022年05月13日

【株式市場】日経平均は673円高、米半導体株指数の反発など好感される

◆日経平均は2万6421円84銭(673円12銭高)、TOPIXは1864.61ポイント(35.43ポイント高)、出来高概算(東証プライム)は7億8753万株

 5月13日(金)前場の東京株式市場は、日経平均が170円高で始まったあと時間とともに上げ幅を広げ、午前11時過ぎに681円64銭高円(2万6430円36銭)まで上げた。値がさ半導体関連株が大幅増益決算や米半導体株指数SOXとNASDAQの反発などを受けて上げ、赤字決算だったソフトバンクG<9984>(東証プライム)も出尽し感と自社株買い強化の期待などで反発。日経平均は前引けも上げ幅600円台を保った。

 今期も増益予想の決算を12日に発表した日揮HD<1963>(東証プライム)トプコン<7732>(東証プライム)東映アニメ<4816>(東証スタンダード)などが急伸しストップ高。黒字転換となったカオナビ<4435>(東証グロース)もストップ高。ミンカブ・ジ・インフォノイド<4436>(東証グロース)は一時ストップ高。11日に自社株買いと決算を発表したアルマード<4932>(東証スタンダード)は2日連続急伸。

 ミニ先物とオプションのSQ試算値は日経平均型が2万5951円24銭(12日の日経平均比202円52銭高)と伝えられた。

 東証プライム市場の出来高概算はミニ先物とオプションのSQ算出が加わった割に増えず7億8753万株、売買代金は1兆7836億円。プライム上場1837銘柄のうち、値上がり銘柄数は1549銘柄、値下がり銘柄数は261銘柄。

 また、東証33業種別指数は30業種が値上がりし、精密機器、電気機器、情報通信、サービス、空運、小売り、その他金融、金属製品、建設、石油石炭、などが高い。(HC)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:09 | 今日のマーケット