株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2022年05月20日

【株式市場】日経平均は大幅反発336円高、市況関連株など高く半導体株もしっかり

◆日経平均は2万6739円03銭(336円19銭高)、TOPIXは1877.37ポイント(17.29ポイント高)、出来高概算(東証プライム)は12億5330万株

 5月20日(金)後場の東京株式市場は、自動車株や機械株に一段高となる銘柄がみられ、海運株も川崎汽船<9107>(東証プライム)は一段ジリ高。大阪チタニウムテクノロジーズ<5726>(東証プライム)は一段と上げてストップ高など、個別に活況な銘柄が目立った。日経平均は前引けより安い283円高で始まったが、13時頃からは安定的にジリ高となって前場の高値を上回り、終盤に366円36銭高(2万6769円20銭)まで上げ、大引けも前日比で大きく反発した。

 後場は、ニッケル価格連動投信が高いとされて大平洋金属<5541>(東証プライム)が一段ジリ高となり、田中化学研究所<4080>(東証スタンダード)はEV電池関連製品の値上げ期待などで13時にかけて一段高。エス・サイエンス<5721>(東証スタンダード)は食品スーパー撤退など注目され一段強調。ペルセウスプロテオミクス<4882>(東証グロース)は新型コロナに対する「スーパー中和抗体」の共同研究契約など好感され2日連続ストップ高。

 東証プライム市場の出来高概算は12億5330万株(前引けは6億112万株)、売買代金は2兆9995億円(同1兆4960億円)。プライム上場1837銘柄のうち、値上がり銘柄数は1270(前引けは1083)銘柄、値下がり銘柄数は492(同666)銘柄。

 また、東証33業種別指数は27業種(前引けは26業種)が値上がりし、値上がり率上位の業種は、海運、精密機器、非鉄金属、サービス、鉄鋼、証券商品先物、輸送用機器、卸売り、情報通信、石油石炭、繊維製品、などとなった。(HC)
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:48 | 今日のマーケット