株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2022年05月23日

【株式市場】日経平均は朝方308円高まで上げ133円高、米国主導の新たな経済協定などに期待

◆日経平均は2万6872円01銭(132円98銭高)、TOPIXは1888.67ポイント(11.30ポイント高)、出来高概算(東証プライム)は5億6697万株

 5月23日(月)前場の東京株式市場は、米国主導の新たな経済協定「IPEF(インド太平洋経済枠組み)」への期待などが言われ、日経平均は252円高で始まり午前9時半頃に308円44銭高(2万7047円47銭)まで上げた。川崎汽船<9107>(東証プライム)が上場来の高値など、海運株が運賃市況高も言われて活況高。そろって自社株買いを発表した損保大手も活況高。一方、自動車、機機械などは上値が重く、日経平均の前引けは上げ幅100円台にとどまった。

 任天堂<7974>(東証プライム)が続伸基調で約1ヵ月ぶりに6万円台を回復し、サウジアラビアのファンドの買いなど連日好感。スターティアHD<3393>(東証プライム)は連続大幅増益予想の決算など好感され急伸。住石HD<1514>(東証スタンダード)は自社株買いなど好感され一段高。佐藤食品工業<2814>(東証スタンダード)は大株主の遺言により発行株数の約33%の株式を無償で取得するとの発表を受け朝方に急伸しストップ高。ジーニー<6562>(東証グロース)は20日発表の決算など好感されて活況高。

 東証プライム市場の出来高概算は5億6697万株、売買代金は1兆3958億円。プライム上場1837銘柄のうち、値上がり銘柄数は1292銘柄、値下がり銘柄数は472銘柄。

 また、東証33業種別指数は29業種が値上がりし、保険、海運、その他金融、医薬品、証券商品先物、ゴム製品、水産農林、などが高い。(HC)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:07 | 今日のマーケット