株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2022年05月25日

ウルトラファブリックスHDは6日ぶりに反発、『ヴァレンティノ』の毛皮使用廃止報道など買い材料視

■第1四半期は36%増益など業績快調、調整進み注目再燃の様子

 ウルトラファブリックス・ホールディングス(ウルトラファブリックスHD)<4235>(東証スタンダード)は5月25日の後場、13時30分にかけて9%高の2306円(204円高)まで上げ、昨24日までの5日続落から6日ぶりに反発して大きく出直っている。合成皮革の湿式ポリウレタンレザー製品の企画製造販売を行い、ファッション&ビューティメディア「WWDJAPAN」のニュースサイトが、「『ヴァレンティノ(VALENTINO)』は2022年以降、リアルファーの使用を廃止する」と伝えたことなどが注目材料になっているようだ。

 業績は好調で、5月13日に発表した第1四半期連結決算(2022年1〜3月)は、売上高が前年同期比41.3%増加し、営業利益は同36.4%増加した。株価はこの翌日に下げ、市場予想を上回らなかったためなどとされたが、2500円を割り込んだあたりから下げ渋ってきた。(HC)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:52 | 材料でみる株価