株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2022年05月31日

メディカルネットが一段高、「国民皆歯科健診」構想を連日買い材料視

■初日は歯科関連株が一斉高だったが今朝は物色を絞り込む動きも

 メディカルネット<3645>(東証グロース)は5月31日、一段高で始まり、取引開始後は16%高に迫る568円(77円高)まで上げ、2日続けて大幅高となっている。引き続き、政府が「骨太の方針」(経済財政運営指針)に「国民皆歯科健診」の検討開始を盛り込むと伝えられたことを受け、需要拡大などに期待が強まっている。また、30日は、自民党が「1億総株主」の実現に向けて政府に提言を申し入れたとも伝えられており、「政策に売りなし」の相場を期待して注目を強める様子がある。

 「国民皆歯科健診」が伝えられた30日は、メディカルネットと東和ハイシステム<4172>(東証スタンダード)がストップ高となり、松風<7979>(東証プライム)ナカニシ<7716>(東証スタンダード)、なども上げ、関連株が一斉高となった。しかし、31日朝は反落する銘柄も見受けられ、関連株の中から物色を絞り込む動きが始まったとの見方が出ている。(HC)



◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:28 | 材料でみる株価