株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2022年05月31日

【株式市場】日経平均は中盤の119円安を回復し小高い、上海の行動制限緩和による中国の産業活性化などに期待

◆日経平均は2万7404円14銭(34円71銭高)、TOPIXは1923.55ポイント(1.11ポイント高)、出来高概算(東証プライム)は5億5946万株

 5月31日(火)前場の東京株式市場は、朝寄りに高安マチマチだった自動車株が次第にそろって堅調となり、上海市の行動制限緩和による中国の産業活性化などに期待が強まる様子。生保・損保株は米国の利上げを巡る要人発言などを受けて上げ、石油開発株はNY原油高などで高値を更新。日経平均は朝寄り後の93円90銭高(2万7463円33銭)を上値にダレ模様となり、午前10時過ぎに118円73銭安(2万7250円70銭)まで軟化したが、前引けは小高くなった。

 松風<7979>(東証プライム)や東和ハイシステム<4172>(東証スタンダード)が2日続けて大幅高となり、政界で「国民皆歯科検診」の提言と伝えられたことなどを連日好感。ピクスタ<3416>(東証グロース)はメタバースのアバター受託制作開始など好感されストップ高。アイリッジ<3917>(東証グロース)はデジタル地域通貨が大手経済紙で紹介されたことなどで高値を更新。大黒屋ホールディングス<6993>(東証スタンダード)は業績回復傾向で値動きも好波調とされ再び高値を更新。

 東証プライム市場の出来高概算は5億5946万株、売買代金は1兆3815億円。プライム上場1837銘柄のうち、値上がり銘柄数は836銘柄、値下がり銘柄数919銘柄。

 また、東証33業種別指数は18業種が値上がりし、鉱業、保険、石油石炭、ゴム製品、パルプ紙、水産農林、輸送用機器、金属製品、繊維製品、卸売り、電気機器、食料品、などが高い。(HC)
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:08 | 今日のマーケット