株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2022年06月02日

【注目銘柄】オハラはキヤノンの関連銘柄として見直し機運高まるか?

 オハラ<5218>(東証スタンダード)は6月2日、24円高(1.94%高)の1264円まで上げて続伸した。

 同社は、専門性の高い光学ガラスと特殊ガラスを供給しているが、1日に主要取引先で第2位株主のキヤノン<7751>(東証プライム)が年初来高値と買い進まれており、見直し機運が高まりそうだ。

■デジタルカメラ向けのレンズ材の販売堅調

 オハラの足元の業績は、デジタルカメラ向け光学機器用レンズ材の販売が堅調で、今22年10月期第1四半期売上高67億0300万円(前年同期比37.9%増)、営業利益7億4800万円(同187倍)、経常利益8億1100万円(同8.3倍)、最終損益5億6000万円の黒字(同3900万円の赤字)と好調。

 3月11日に通期業績予想を上方修正を発表済みで、今22年10月期売上高259億円(前期比10.1%増)、営業利益22億円(同60.8%増)、経常利益23億5000万円(同35.6%増)、純利益17億5000万円(同19.8%増)を見込む。

■リチウムイオン伝導性ガラスセラミックスの提案強化

 また、5月24日に「次世代らためて電池の研究開発を支援しようと、同社がリチウムイオン伝導性ガラスセラミックスの提案を強化している。」と一部報じており、注目度も高い。

 株価は、2021年3月高値2115円から22年1月27日の年初来安値1012円と調整、同4月27日安値1037円と売り直されて底値を確認し、上昇している。6月10日に発表が予定される第2四半期決算が順調に推移すれば、上値抵抗線の52週移動平均線を突破し、出遅れ修正が進みそうだ。(信濃川)(情報提供:日本インタビュ新聞社・株式投資情報編集部)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 16:21 | 注目銘柄