株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2022年06月08日

【株式市場】日経平均は次第高となり265円高、資源関連株など人気

◆日経平均は2万8208円92銭(264円97銭高)、TOPIXは1967.92ポイント(20.89ポイント高)、出来高概算(東証プライム)は6億6821万株

 6月8日(水)前場の東京株式市場は、NY株の大幅反発、1ドル133円に入る円安などを受けて自動車株や機械、電気精密株などに高い銘柄が多く、防衛費増額などで重工大手も高い。原油高などを受けて石油株もしっかり。大手商社株は穀物高などで軒並み高値を更新。日経平均は156円高で始まり、多少高下しながら午前11時過ぎには281円78銭高(2万8225円73銭高)まで上げ、前引けも大幅高となった。

 INPEX<1605>(東証プライム)が原油高に加え地熱発電への取組など好感され約1週間ぶりに2010年以来の高値を更新。住友不動産<8830>(東証プライム)は資本効率化への期待などで高値更新。クミアイ化学工業<4996>(東証プライム)は業績予想の増額修正など好感されて急伸し、ひと足先に増額したOATアグリオ<4979>(東証プライム)も活況高。シルバーライフ<9262>(東証プライム)は四半期決算など好感され急伸高値。同じくトーラス・オン・プロダクト<6696>(東証グロース)はストップ高。細谷火工<4274>(東証スタンダード)などの防衛関連株は防衛費増額などで一段高。

 6月8日新規上場となったANYCOLOR<5032>(東証グロース)は前場、買い気配のまま初値がつかず、前引けは2608円の買い気配(公開価格1530円の71%高)。

 東証プライム市場の出来高概算は6億6821万株、売買代金は1兆5014億円。プライム上場1838銘柄のうち、値上がり銘柄数は1469銘柄、値下がり銘柄数は309銘柄。

 また、東証33業種別指数は29業種が値上がりし、鉱業、不動産、卸売り、機械、医薬品、金属製品、建設、ガラス土石、化学、陸運、ゴム製品、輸送用機器、精密機器、などが高い。(HC)
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:17 | 今日のマーケット