スマートフォン解析
IRセミナー
10/25(水)=メディアグループ 三栄建築設計、CRIミドルウェア

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2007年07月23日

松竹は小幅反発。三井物産との提携拡大が手がかり材料に

 松竹<9601>(東1)は小幅反発。前日終値と同額の894円で始まったが、寄り後は896円まで買われている。
 もともと続伸傾向で来ていたが、今朝の日経新聞で「三井物産<8031>(東1)と松竹、映画事業での提携拡大」「昨年の資本・業務提携に基づいて共同製作した第一作に続き、今期中に共同製作映画3本を公開」「来期は5〜6本を製作して公開する考え」と報道されたことも、手がかり材料となっているもようだ。
 続伸のためか、PERは110倍台と、かなりの割高。しかし、信用残は売り長で、倍率は0.36倍なので、もうしばらくは上昇基調が続くか。まずは今年の高値964円ライン奪還が目標となろう。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:24 | 株式投資ニュース