株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2022年07月06日

【株式市場】日経平均は316円安、米景気後退感の中ディフェンシブ株などしっかり

◆日経平均は2万6107円65銭(315円82銭安)、TOPIXは1855.97ポイント(23.15ポイント安)、出来高概算(東証プライム)は13億8915万株

 7月6日(水)後場の東京株式市場は、引き続き米景気後退感が重く個別物色の色彩が強い中、武田薬<4502>(東証プライム)科研製薬<4521>(東証プライム)が一段と強含み、明治HD<2269>(東証プライム)も新型コロナワクチンに関する発表が好感され一段ジリ高など、ディフェンシブ買いが再燃の様子。海運株は回復傾向となった。日経平均は337円安で始まり、13時前からは約270円安の2万6150円前後で小動きを続け、大引けは3日ぶりの下落となった。

 後場は、サイボウズ<4776>(東証プライム)が一段ジリ高となり続伸幅を広げ、主製品好調の見方。SDSホールディングス<1711>(東証スタンダード)は半値押しからの再騰期待などテクニカル妙味が言われて反発幅を拡大。アエリア<3758>(東証スタンダード)は子会社の提携など好感されて前場の高値圏まで再び上げ、スパイダープラス<4192>(東証グロース)は自治体DX支援事業での提携など連日好感されて一段と上げストップ高。

 東証プライム市場の出来高概算は13億8915万株(前引けは7億1393万株)、売買代金は3兆753億円(同1兆5813億円)。プライム上場1838銘柄のうち、値上がり銘柄数は506(前引けは431)銘柄、値下がり銘柄数は1282(同1357)銘柄。

 また、東証33業種別指数は6業種(前引けは3業種)が値上がりし、医薬品、精密機器、海運、食料品、情報通信、倉庫運輸、が高かった。(HC)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:00 | 今日のマーケット