株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2022年07月13日

東京電力HDはきょう株主代表訴訟の判決が予定され様子見、小浮動

■賠償額が想定内なら「懸念出尽し」になることが多いとの見方

 東京電力ホールディングス(東京電力HD)<9501>(東証プライム)は7月13日、小浮動で始まり、取引開始後は612円(4円高)を上値に弱もみ合いとなっている。株主が旧経営陣に22兆円規模の損害賠償を求めた株主代表訴訟の判決が東京地裁で同日に行われる運びで、様子見に陥ったと見られている。こうした案件の場合、株価材料としては、賠償額が想定内なら「懸念出尽し」になることが多いとみられている。

 このところは、電力不足を受けて原発再稼働への期待が継続し、この7月5日に2019年以来の高値664円をつけた。この判決によって、株主代表訴訟の件が「懸念出尽し」「織り込み済み」になれば、再び動意を強めるとの期待がある。(HC)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:20 | 株式投資ニュース